税理士に相談できる内容

複雑でわかりにくい税金の基本的な仕組みについて徹底的に解説します!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

税理士の職域と役割について理解しよう

税金はもちろん国家の運営にとってなくてはならないものですが、では、税金は具体的にはどのような場面で役立っているのでしょうか。ここでは税理士の視点から、税の種類と特徴、それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。税の起源についてもお伝えしますので、ぜひとも参考になさってください。

意外と知らないFX取引と税金

個人単位で税理士に相談する機会が多いとされるのがFXなどの投資です。投資で得られた利益については確定申告が必要となりますので、ビギナーの方はあらかじめ確定申告の詳しいルールについて税理士に相談しておきましょう。ここではFXと確定申告の関係について見ていきましょう。

知らないと困る土地売却の知識

土地の売却にあたっては法的手続きやローンの処理など事前の手続きが必要になり、税理士に相談したほうが一連の手続きをスムーズに進めることができます。土地取引において売り手側に課される義務と、税理士に相談すべき具体的な内容について具体的にお伝えしていきます。

初歩の初歩から解説!税金の意味と役割

税をつかさどる専門家として、税理士がいます。税理士はおもに税務上の手続きを担っており、書類作成の代行から一般企業の節税対策、個人の確定申告のお手伝いまで、幅広い分野の業務を常時請け負っています。

しかしながら、税理士という職業は企業レベルではよく知られているものの、個人レベルで見れば意外と知らない部分が多く、税理士に相談したことが一度もない、という方も少なくないようです。また、税理士が担当する税務上の手続きは一般的に見れば複雑でわかりにくく、確定申告もガイダンスに従えば個人で簡単にすませられるので、税理士に相談する必要性そのものをほとんど感じていない方も多いかもしれません。

ただし、税理士は本来、個人に寄り添ったサポートを専門とする職種であり、税理士に相談することで税の負担が大幅に軽くなったり、個人での確定申告がスムーズに進んだりします。

税理士への相談件数としてここ数年で増えているのがローン関係の相談です。金融業の規制緩和以降、消費者金融のカードローン利用件数が増えており、それと比例して、多重債務や債務超過などで苦しむ一般家庭が年々増加しています。

カードローンについてはいわゆる過払い金という問題が指摘されており、長期間にわたるローンほど過払い金の額も大きくなっている可能性がありまず。過払い金はもちろん本来ならば支払わなくて良いお金ですので、早い段階で税理士に相談し、過払い金返還の手続きを済ませる必要があります。

このサイトでは、個人の確定申告から一般企業の税務処理まで、税理士が担う職域について詳しくお伝えしていきます。